企業のイメージを作る

売掛金を支払わない取引先は、言い方を変えると払いたくなければ払わなくても、別に強い態度で請求はされないとたかをくくっている可能性があります。そこで、売掛金の回収をスムーズに行うために、売掛債権の管理がしっかりしている会社というイメージを作ることが非常に大切です。

売掛債権の管理がしっかりされているかどうかは、未払いの請求がある場合に迅速にそのことを債務者に通知できるかどうかによります。もしも、迅速に対応しなければ、それだけずさんに管理している企業というイメージをもたれかねませんし、だいぶ期間が過ぎてから売掛金の回収を行おうとしても、悪質な債務者はそのままうやむやにして支払いをしない可能性もあります。

こうしたことを避けるために取引先がどのような企業であろうと、毅然とした態度で売掛金の回収を行いましょう。とはいえ当事者間の話し合いにこだわるとかえってトラブルが大きくなったり、取引先との関係が悪くなったりする可能性も少なくありません。迅速な解決をするために、早期に弁護士に相談し、債権の回収を委託することで、迅速かつ平和裏に解決できる可能性は高まるでしょう。また、交渉を弁護士に任せることによって回収に関する精神的なストレスから解放されることも期待できます。

参照:売掛金の債権回収について無料で相談が出来る〈弁護士法人アディーレ法律事務所〉

内容証明郵便で通知を送る

売掛金回収において気を付けたい事の一つに、相手との交渉の際には必ず後々交渉の事実を証明できるような書類を残しておくということです。口約束でも法的に有効とされることもありますが、話し合いで提案し、互いが納得した事柄をその日付や内容が明確にわかるような書類を作成し、互いにサインなどをしておくとよいでしょう。

悪質な債務者は、債権が発生していること自体を否定し始めたり、それまでの話し合いでお互いが納得していたはずのことをいきなり覆そうとしてきたりすることもあります。そうなると、どちらの行っていることが正しいかを証拠を集めて提示しなければならず、また時間や労力がかかってしまいます。場合によっては被害にあっているこちら側が不利になるような展開にもなりかねません。そうした事態を避けるために、都度その後も証拠として使えるものを残しておきましょう。

証拠として使うことのできるものの一つに内容証明郵便による督促状の送付があります。この督促状を送付することで、債務者にもその事実が確実に伝わっていることを法的にも立証することが可能となります。書き方や送付のタイミングなどは、専門の弁護士に相談するのが一番良いでしょう。

売掛金回収のポイント

企業にとって欠かすことができないのが取引先です。取引先が多ければ多いほど自社のサービスや商品を売り込むことができますので、利益が生み出すチャンスもその分広がります。しかし、一方で取引先が増えるということは、トラブルが起きる可能性も高くなるといえるかもしれません。

取引先とのトラブルは避けたいところですが、中でも起きやすいトラブルとなるのが売掛金に関するものです。売掛金の回収ができなくなると、いくら商品を販売したり、サービスを提供したりしても利益が生まれません。そこで、自社の利益を守るためにも取引先との売掛金の回収に関するトラブルはなるべく避けられるように注意すべきですし、もしも起こってしまった場合には早急に解決できるように動かなければなりません。

売掛金回収に関するトラブルを早期に解決するためには、当事者間の話し合いでは不十分なことも少なくありません。もちろん、トラブルが起きても当事者間の話し合いだけで解決することができれば一番ストレスなく対処できるかもしれませんが、当事者間の話し合いで約束された約束は履行されない可能性も高く、その都度督促や話し合いを繰り返すのでは時間も労力も大変かかってしまいます。
そうした事態を避けるために時には弁護士に相談する必要もあるでしょう。では、どのような点に注意して売掛金の回収を行うとよいのでしょうか。いくつか重要なポイントとなる点を整理しておきましょう。