企業のイメージを作る

売掛金を支払わない取引先は、言い方を変えると払いたくなければ払わなくても、別に強い態度で請求はされないとたかをくくっている可能性があります。そこで、売掛金の回収をスムーズに行うために、売掛債権の管理がしっかりしている会社というイメージを作ることが非常に大切です。

売掛債権の管理がしっかりされているかどうかは、未払いの請求がある場合に迅速にそのことを債務者に通知できるかどうかによります。もしも、迅速に対応しなければ、それだけずさんに管理している企業というイメージをもたれかねませんし、だいぶ期間が過ぎてから売掛金の回収を行おうとしても、悪質な債務者はそのままうやむやにして支払いをしない可能性もあります。

こうしたことを避けるために取引先がどのような企業であろうと、毅然とした態度で売掛金の回収を行いましょう。とはいえ当事者間の話し合いにこだわるとかえってトラブルが大きくなったり、取引先との関係が悪くなったりする可能性も少なくありません。迅速な解決をするために、早期に弁護士に相談し、債権の回収を委託することで、迅速かつ平和裏に解決できる可能性は高まるでしょう。また、交渉を弁護士に任せることによって回収に関する精神的なストレスから解放されることも期待できます。

参照:売掛金の債権回収について無料で相談が出来る〈弁護士法人アディーレ法律事務所〉